2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 

Date: 10/09/2016

No: 111 HUSH M4

Machine: BMW M4 F82

Driver: Hajime Ohnami

 

Circuit: Fuji Speed Way Condition: dry Temperature: 32℃

 

Qualify: 1`57.239 P3

 

Race: P2

 Lap1)1`58.851

 Lap2)1`56.110

 Lap3)1`56.137

 Lap4)1`56.930

 Lap5)1`56.126

 Lap6)1`56.853

 Lap7)1`57.407

 Lap8)1`57.639

 

 

今回、オーナー様はタイムアタッククラスに参戦し、私はBMW CUPに参戦と

車両にとっては酷なハードな一日でした

 

予選では、タイムを出さなければならない1周目で欲を出してしまい

プリウスコーナーでハーフスピン

頑張って2周目もアタックしようとしましたが、1コーナーでオフィシャルカーが入りアタックを中止。。。

 

決勝は、ブレーキの性能に不安を感じていた事もあり

スタートから少しスピードを抑えての走行

結果、遅いタイムでLAPを揃える事で2位をキープ出来ました

 

やはり、練習しないとダメですね

普段は皆さんに練習の大切さを話しているだけに、今回の結果は練習不足による

予選からの失敗が大きな敗因でした

 

最終戦の筑波は残念ながら参加出来ない為、来年は1戦目から参戦し優勝を目指せたらと思います

 

優勝したTK squareさん おめでとうございます

また、宜しくお願いします

関係者の皆様もお疲れ様でした

 

 

Hajime Ohnami  http://hajimedia.com/

BMW CUP  http://bmwma.jp/bmwcup/


いよいよ9月10日のBMW CUPに向けて時間が少なくなりました

 

今、現在の仕様での走行は2Lapでサスペンション類も組み付けのみで

セッテイングもしていない状態での参戦になります

 

そんな中でも今回は少しでもレースを楽しめたらと思います

このような機会を設けて頂きました車両オーナー様に感謝致します

 

ステッカー貼るの難しく気泡だらけに・・・

 

本番前にフルードとエンジンOILの交換をB+にて

 

ちょっと走ってみた感じです

 

正直、まだ何もわからない状態ですが

BMW CUPに参戦される皆様、どうぞよろしくお願いいたします

 

当日は、オーナ様はETCCと私はBMW CUPの車両シェアによるダブルエントリーなので

M4にとってはタフな1日になりそうです。。。


M4の方向性が決まってから、日が経ちますがなかなか進んでいません

 

 

FSWのテスト走行でも天気に恵まれなかったり

7月のBMW CUP参戦を目指してスケジュールを組み立てるも部品が届かず走れる状態ではありませんでした

 

足踏みした状態が続きましたが

やっと部品も揃い、スペアーパーツ類も消耗が想定されるものは少し多めにストックして

9月10日のBMW CUPを目指しなんとか進みそうです

 

次回のFSW走行は、8月11日を予定しており走行本数も少し多めに走行します

暑い日が続きますが、この時期に走る事は冬場のタイムが出る季節にも大きく影響するので

しっかり走行を重ねたいと思います

 

PITも借りる予定なので、もしご都合が合うBMWオーナー様がいらっしゃいましたらご一緒しましょう

 

 

これから比較テストする部品ですが

ENDLESSブレーキPADの比較(2種類)

Project μブレーキPADの比較

BILSTEIN Clubsportのフィーリング評価

現在、もう一社選定中のサスペンション評価

試作中の冷却パーツテスト・評価

 

これらの比較とテストを行い、その後はレースを想定したタイヤに履き替えてセットアップを煮詰めたいと思います

各パーツの評価は、順次お伝えしていきます

 

 

 

 

エンジンOILはLubrossにてM4用のVerをテスト

 

他のケミカル類も同時にテスト

 

 


普段乗りからサーキットまで
車を知る為にも、この一ヶ月間近くM4にたくさん乗りました


DCTの制御とエンジンのトルクの太さから、普段使いでは凄くスムーズに乗れます
また、都内からFSWまでの往復とスポーツ走行一本を無給油でこなす燃費の良さも
現代の環境に配慮した車だなと改めて思いました

一方、サーキットの方は。。。
タイヤのパフォーマンスが近年のハイグリップ志向から見ると少し物足りなく感じパワーオーバー
しかし、車両特性は弱アンダーステアである事からタイヤをハイグリップに変えるだけでも
トラクションがかかりやすくなり大幅なタイムアップに繋がると思われます

また、5月22日に気温26℃の中を30分近く連速走行しましたが走り切り
この車のポテンシャルを十分に感じ取る事が出来ました

ほんとっ!良く出来た子です(笑)

そして最後は、ノーマルのポテンシャルを見る為にも各箇所をバラバラにしてみたり
ひたすら各部を計測
パワー計測では450psを記録(おそらく今年の型はパワーが出てるような感じでしょうか)





そして、ここまで乗ってみてどんな車両を作り上げるか考えました
チューニングカーとして普段の街乗りからサーキットまでの走行をオールマイティーにこなせる車が理想
乗り心地を犠牲にする事無く、最低限の部品交換のみで速くて楽しくサーキットを走れる仕様
よってブーストアップ+足回りで、その評価はBMW CUP参戦で皆様に結果をご案内したいと思います

BMW M4オーナをはじめ、ターボ車に乗っている人の車ライフに少しでも参考になればいいかな〜


渋滞の中でも車はスムーズ、人間はバテバテ

皆様、大変お待たせ致しました。
これから相棒となる車両のご紹介を致します。

BMW M4(F82)DCT(Right hand) 2016Y


FSWでシェイクダウンした内容を簡単に
計測は1周のみの前後含めて3Lap
車両は、タイヤのグリップが低いせいかパワーオーバーが強くアクセルを踏めない感じ
DSCをOFFして走ったが車が前に進む感じが全く無かったです
ちなみに走行距離は2000kmに届かず、、、慣らし最中ではとの声もありますが。。。(笑)

今後、この車をメインにHUSHブランド製品のパーツ開発やイベントに参加したいと思いますので
皆様!宜しくお願い致します





Date: 09/04/2016
Circuit: Fuji International Speedway
Car: BMW M4 (All are pure. )
Name: Hajime Ohanami
Time: 1,58.474
 

久々のマイカー整備です

購入後、約50000Kmを走行し
今後長く乗る為にも、油脂類をしっかり交換する事に

今回の作業はATF OIL、DF OIL、ブレーキフルードの交換に


ATF・DF OILは、車両メーカーの推奨では無交換との事ですが
私自身の考えでは、やはりOILは劣化するもの
どちらかと言うと、効果と言うよりは気持ちよく乗る為の気持ちの問題かな?って感じで

しかし、作業後の感想は。。。
普段使いの車にも関わらず、交換した事による変速のスムーズさや変速ショックの低減が
少しの走行でも感じ取る事が出来ました
普段から使ってる車だけに変速ショックも気にしていませんでしたが、実際には大きくなっていたんですかね?

個人的には、長く乗る事を考えると凄く満足な作業内容だったと思います!
LSDの効き具合は、まだわかりませんが・・・



OILを抜き取り


オイルパン(フィルター)も交換



やはり、スラッジはありますね



デフオイルも同じサイクルで交換



ブレーキフルードも1年に一回は交換


※Lubross HUSH Sport ATF  ¥4,000-(Jpy)/L
※Lubross HUSH DF OIL 85W-140  ¥4,000-(Jpy)/L 

HSUH35GTRは、タービン交換によるStage3に着手

10月30日に無事にセッテイングを終えました
Power 716ps Torque 95kg-m

Content of Stage3 enjine tuning(Addition from Stage2)

1)turbo charger Pure Turbos
2)Boost sensor AMS
3)Fuel pump SARD
4)HUSH original ECU map Stage3


私がブランディングし開発しているOILについて

OILメーカーであるLubrossにて、HUSHオリジナルOILを製造し販売しております
このとろこ注文も順調に頂き、発送に追われています



こちらは、輸出向(中国)けOILになります
車種や用途によって幅広く粘度等やスペックの設定させて頂いておりますので
ほとんどの車に既存のもので対応できます

Z spec Sports&Circuit 5W-40 10W-50 15W-60
R spec Touring&Sports 5W-40 10W-50
A spec Touring 5W-20 5W-40 10W-30

お問い合わせは、下記URLのメールよりご連絡下さい。
http://hajimedia.com/
※日本語・英語・中国語で可能です。
Inquiry Please give to me with mail.
It is possible by Japanese, English, and China.


また、レース用やスペシャルなものを開発しておりますのでご興味がある方はご連絡下さい(国内も対応可能です)



※その他、秋には本命でもあるHUSHブランドにて35GTR専用のOILを販売する予定で現在テスト中です

※BMWに関しては、関東のBMWショップ様を中心に各ショップ様オリジナルとして販売しておりますので
ショップ様に直接お問い合わせ下さい

主な取扱いショップ
アクセス・エボリューション様
B+様


どちらのショップ様も、オリジナルで開発して味付けも異なります


私自身、モノ造りの拘りとして自分でテストするのはもちろん
工場にも足を運び品質等を確認しています
と言っても、そこまでの専門的な知識はありませんが、自分の目で一つ一つ確かめ納得する事で
お客様に安心してOILを勧められると考えています

是非、この機会に試してみてください






 ※この写真は、実際の製造工場になります

Wako,sの取扱いについて
自分がブランディングしているOILとは別に
Wako,sの一部商品も取り扱っております
RECSを中心に、F-1、PMP、最近の新たな商品であるCORE601



お陰様でこちらも反響を頂いております。
また、Wako,sの品質を徹底する管理も共感を得ており、私共としても対面販売(RECSはESEFスタッフ作業)
徹底しております
良いものでも使い方を誤ると、効果が出ないばかりか逆にダメージを与えるケースもあり
ESEFでは売るだけでなく、その後のアフターフォーローも徹底的に行ってまいります

余談ですが、ブレーキのPFCも特性や慣らしの方法を理解していただく必要があり、
メーカ側は対面販売のみの販売を徹底されています
拘りがありどこか似ていますね(笑)

こちらの商品につきましては、大概の販売店様で取扱いがあると思いますので
ESEFでは、イベント時やサーキットサポート・弊社取引の工場のみで取扱いしております




 

3月8日 27日とFSWにて 35GTR専用OILのテストを行いました
オイルのテストは他社ブランドと比較する事で、段々とその差が明確になってきております

今回はルブロスの5W-40 Spec1のテストサンプルを使用
正直、良い結果を得られませんでした

メーカー側では、高回転域にて油膜を保持する方向にスペックを振っていたそうですが
それが逆に抵抗になり油温が上昇する傾向に
油圧も若干高めでした
緻密に組まれているGTRのエンジンは、リアルに数値としても反応する事がわかりました

それを踏まえて次回は、Spec2テストサンプルにて走行を行う予定です
これから季節は暖かくなり、車両にとってもOILにとっても過酷な環境となります
そんな中で良い結果を出し、製品化に繋げていければと思います



GTRオーナーの方にはあまり関係ないお話ですが、渋谷の自宅からFSWの往復とスポーツ走行1本を
無給油で走行出来てしまう、、、普段使いの燃費は優秀です(笑)