2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

先日から引き続き

Porscheのテスト走行でFSWに

 

今回は、合計1時間半の走行時間にて走り込むことが出来ました

ドライビングで修正する部分、車両にて修正する部分をエンジニアと一緒に明確にし

次回への課題が出た有意義なテスト走行の内容となりました

 

スタッフの皆様、永井様、サポートの皆様ありがとうございました

 

少し遅くなりますが、今年のスケジュールを3月中には皆様にお知らせ致します

 

 

大波 肇

 

 

 

 

 

 

 


急遽、FSWにてPorsche GT3 Cup Challengeの車両をテストする事に

Team:  Ninne

Car: 997 GT3 Cup

 

久々にスパルタンな車両と言った感じです!

乗ってみた感想は、想像以上に各操作系は重く、目も少し慣れが必要と言った感じでしょうか

土曜日のスポーツ走行枠だった為に、走行台数は多くレーシングスピードを維持しての走行は難しかったですが

次回に繋がる内容で30分の走行を終えれました

久々のシーケンシャルドグミッションには少し苦戦(笑)

 

関係者の皆様、チームの皆様

今回のこのような機会を設けて頂きありがとうございました

また、永井選手には貴重な走行時間を割いていただき感謝致します

 

大波 肇

http://hajimedia.com/

 

 

 

 


今年の走り納めはSUGOサーキットで!

 

チームは、S耐に参戦しているRS-OGAWA

車両は、20号車(EVO.勝法30号車(EVO.宗

 

 

今回、色々な人のご縁と代表の小川さんのご厚意により

タイヤテストの合間にて走行させて頂くことになりました

関係者の皆様には、このような機会を設けて頂き、改めて感謝いたします

ありがとうございます

 

 

17日はあいにくの天候で、走行は中止

 

 

18日は、天候も快晴でコンディションも良く周回を重ねる事が出来ました

今回、初めて4WDのレーシングカーをドライブしましたが

思った以上の回頭性の良さに、ドライブもしやすく良い感触を掴んで走行出来ました

そして、ST-2クラスだけにパワーもあります!

そして、2台の比較も出来た事で色々な事を学べました

 

 

 

来年は、どのような年になるかまだわかりませんが

このオフシーズンでうまく調整し何かしらのチャンスを掴めたらと思います

慣れない自撮り(笑)

 

 

Hajime Ohnami  http://hajimedia.com/

RS-OGAWA  http://www13.plala.or.jp/rs-ogawa/index.html


来年のJoy耐久優勝を目指して

実戦による調整の為に、今回のレースにもエントリー

 

2016もてぎEnjoyミニ耐久レース
Date: 30/10/2016
Race: MOTEGI Enjoy Mini Endurance Race
Car: HONDA DC2 98Spec N1  (Class6:1000kg)
CarName: DF HUSH CarNo.110
Driver A: Akihiro Hosoi B: Hajime Ohnami C: Yoshitaka Yamaguchi

 

Qualify: P18 (Class: P7)

 

Race: P11 (Class: P3)

 


久々の完走〜!

凄く長かった気がしますが、やっと来年に向けて良いスタートが切れたと思います

 

予選では、実戦形式による練習の意味でも

アタッカーは、細井選手に

予選タイヤの特性を生かし切れずに総合18位のクラスでも7位に沈んでしまいました

少し落胆な雰囲気がありましたが、今回はここから違います!

 

決勝のスタートドライバーは私が務め

コース上では1台ずつ順調にパスしていきポジションアップ

しかし 、ブレーキのフィーリングが少しナーバスなところもあり

タイムが近い車両に対しては、抜きつ抜かれつの攻防を続け

40分を走行したところで細井選手にドライバーチェンジ

 

走り初めの細井選手はタイムが上がらずに、PIT内でも次の山口選手に早めに

チェンジするか話し合う事に・・・

あと一周様子を見てから決めようと話し合った瞬間にタイムアップ!!!

そこからは、バックマーカーに引っ掛かり少しタイムにバラツキはあるものの

順調に走行し、最後の山口選手に給油してバトンタッチ

 

いつもはAドライバーとしてチームを引っ張る山口選手は

今回はCドライバー登録

チーム内のベストラップを刻みながらのキッチリゴールまで車を運びました

やはり力あるドライバーと実感しました!

 

完走した事で、ドライバーの問題点や車両の問題点が明確に浮き彫りになりました

3名でレース参戦した事で、ドライバースキルは一気に足並みが揃いつつあると

もう一度、チーム内の体制を見直し、来年春のミニJoy耐に参戦し本番の夏に繋げたいと思います

 

関係者の皆様お疲れ様でした

スポンサーでもある、PANDAインターナショナルのステッカーを貼らさせて頂きました

 

車両もお疲れ様でした

 

 

 

Hajime Ohnami  http://hajimedia.com/


Super Tikyu  Series 2016 in OKAYAMA Rd.5

Date: 22~23/10/2016

Circuit: Okayama International Circuit

 

No: ST-4 333

Team: GLORYRACING with A-ONE

Machine: HONDA CIVIC TYPE-R EURO  Model:FN2

Driver A: Y Nakajima  B: H Ohnami

 

Qualify Pos:18 (3.30,022) A-driver: Nakajima 1.44,733  BーDriver: Ohnami 1.45,289

Race Pos: DNF

 

久々のレースウイーク

金曜日の公式練習から日曜日の決勝まで3日間

実は、風邪を引いたこともありキツかったです

 

 

公式練習では、体調もありグタグタのタイムにAドラの中島選手より数秒遅れ・・・

何をやっても手応えを掴めずに気持ちだけが焦るばかり・・・

 

 

予選では、中島選手からも前日の走行動画からアドバイスをもらい

データロガーで走りも解析し、気持ちも切り替えた結果、少しは車の特性を理解して走れるように

しかし、公式練習で遅れを取った代償は大きく予選だけでは全てを修正できませんでした

 

 

決勝は、スタートドライバーを務める中島選手が7番手まで追い上げるも

自分の走行中に車両トラブルにより最終コーナーをコースアウトし終了

完走出来ませんでした

 

 

今回、事前にテスト走行等無いままにレースウイークを迎えました

走行経験の浅い岡山サーキット

車両は8月に参加させて頂いた公式練習のみ

本格的なレースは5年ぶり

初めてのドライバーチェンジ

 

これらの条件を踏まえても、完走出来ませんでしたが凄く色々な経験ができ

久々に日常と違った興奮を味わえました

 

チーム関係者の皆様、応戦して下さった皆様ありがとうございます

 

 

車両オーナー: GLORYRACING

チーム: A-ONE http://www.raceaone.com/index.html

Aドライバー: 中島佑弥 選手 https://www.facebook.com/nakajima.yuya.5

Bドライバー: 大波肇 http://hajimedia.com/

スポンサー: Lubross http://www.lubross-oil.com/Lubross-TV/top.html

スポンサー: Panda International

スポンサー: SK massimo http://www.sk-massimo.com/

スポンサー: HUSH

 

 


今年のJoy耐は、完全に不発に終わりました。。。

走る事無く終わって凄く残念です

チームの人も、支えてくれた人も皆凄く残念だったと思います

 

少し時間をかけて色々と考えました

今回、何が足りなかったのか。。。

やはり、自分はドライバーとしての目線で考えると4人のドライバー技量がバラバラだった事が一番の敗因に繋がります

 

その結果が、今回の練習走行に現れたと思い

来年に向けての良いスタートが切れたと思っています

 

来年のJoy耐は始まっています!

その通過点にミニJoy耐も参戦し1年間頑張りたいと思いますので、

関係者の皆様、応援してくれる皆様宜しくお願い致します

 

 

Driver:Akihiro Hosoi

タイヤのフィーリング掴めずにフラットスポット作り振動が大きく出ているにも関わらず

走行終了後に報告する

 

 

Driver: Hajime Ohnami

30分の走行時間を貰っての走行にも関わらず、攻めてる様子の無いつまらない走り

 

 

Driver: Yoshitaka Yamaguchi 

守らなければならないリミットを守らない走り

 

 

自分も含め、言い分はそれぞれ話しましたが、やはり言い訳。。。

次の走行では、より皆が同じレベルで走れるよう話せたと思います

今でも、このメンバーで走れて楽しいと思うのですが、レースが終わって本当に最高だった!!!って叫べるよう

妥協無く頑張ります!

 

次回練習は、9月22日(祝日)になります

 公式練習が19日にあり本来なら、そちらで走行する方が効率が良いのですが自分のスケジュールが合わずに

 22日にしてもらいました。チーム員に感謝です

 

 

Hajime Ohanmi  http://hajimedia.com/


スーパー耐久の公式練習に急遽ですが参加しました

 

Super Tikyu Official test

Date: 03/08/2016

No: ST-4 333

Team: GLORYRACING with A-ONE

Machine: HONDA CIVIC TYPE-R EURO   Model:FN2

Driver: Hajime Ohnami

 

Circuit: Fuji Speed Way  Condition: dry~wet

 

A-Driverの中島選手が不参加な為、急遽参加する事に決まりました

3セッションの走行で

 

 

1セッション目は、計測6Lap程の走行で車両を確かめる感じで終了

タイムもまあまあと言ったところでしょうか

 

 

2セッション目は、富士特有の変わりやすい天候からザーザー降りの雨

車の特性が手に取るようにわかり良い経験になります

 

 

3セッション目は、路面も乾き再びドライ

本来は2回目の走行で終了との事でしたが、チャンスをもらいコースイン

タイヤライフが終了しコース上に留まるのも非常に厳しい状況でしたが

耐久レースでは、そのような場面も多々あるので参戦するには良い経験になったと思います

 

 

本来は、この時期の公式練習は次レースに向けて調整を整える為の時間であり

レースに参戦を予定していない自分にとっては、良い雰囲気の中で走行出来た事に

凄く感謝しております

チームスタッフの皆様、スポンサーの皆様ありがとうございます

 

この経験を次に繋げられればと思います

 

 

Hajime Ohanmi http://hajimedia.com/

 

 


2016もてぎEnjoy耐久レース
Date: 02/07/2016
Race: MOTEGI Enjoy Endurance Race
Car: HONDA DC2 98Spec N1  (Class6:1000kg)
CarName: デンソーフクダC1・R9 アドバン CarNo.110
Driver A: Yoshitaka Yamaguchi  B: Hajime Ohnami C: Takahiro Muraji D: Akihiro Hosoi

Pos: DNF
 

 

2回目のJoy耐参戦

去年の予選ではAドライバー走行時にミッショントラブルが発生し、Bドライバーである私は未出走

その結果、決勝は嘆願書により出走し最後尾からのスタートでしたが総合13位と今年に希望が持てる内容でした

 

そんな去年の期待から一変、、、予選ではまさかのAドライバー走行時にエンジンブロー

そして決勝は、エンジンを載せ替えて臨みましたが、まさかの1周目でエンジンブローによりリタイア

私は、このレースウイークを一度もドライブする事無く終了しました

 

なんと言っていいのか、走っていないので走行に対する感想が何も無いです。。。

しかし、今回のレースで学んだことはあります

 

それは、耐久レースならではのドライバーの役割です

どんなレースでももちろんですが、攻める走りをしながらも走り切らなければいけません

そのバランスは凄く重要で、レース距離が長くなれば、それだけ守るものも多くなり

ドライバーに託される判断や役割も多くなります

そして、複数のドライバーが乗る耐久レースでは、次のドライバーにタスキを渡さなければいけない

なかでも、Aドライバーの役割は重要でレースの流れを作らないといけないポジション

それを作れなかったAドライバー

それを支えられなかった2回目の参戦であるBドライバーの自分

初参戦であるC,Dドライバーも練習では手応えを掴みつつあっただけに

「悔しい」の一言です

 

 

最後に、走れませんでしたがメカニック、サポートメンバー、チーム関係者の皆様お疲れ様でした

皆様が居てこそのエントリーでありスターティンググリッドへ並べる事に感謝いたします

 

 

エンジンを囲んで

 

エンジン積み下ろし作業

 

ドライバー揃い

 

この日、最後の笑顔で

 

今年は命の水を大量摂取したけど・・・

 

大波 肇 http://hajimedia.com/

 

 


6月4日 公式練習
AM10:30~12:00
PM13:00〜17:00

5時間半と長丁場の練習

マシンは去年から引き続き、特に何かをアップデートする事無く
テスト内容は主に、連選手・細井選手の練習に



AM
山口選手がNEWタイヤにより15Lap走行
大波は、赤旗中断により8Lap走行で終了

PM
細井選手 15LAP+10LAP
連選手 15LAP+10LAP

給油方法やドライバーチェンジのについても各自確認し
最後は連選手のコースアウトで本日終了〜

私は、Lap数が少ない事もあってか調子もいまいちでした
しかし、同チーム内33号車のセットアップの方向性を確かめるためにEKシビックにも乗車
方向性がわかり、こちらは大きくタイムアップ!





残り練習日を1日設けており、その後レースに臨みます!

今回は公式練習なので、やはり参加台数が多いですね
緊張感が少し出てきました♪


  

今年(2016年)もデンソーフクダ110号車よりJoy耐久レースに参戦します!
去年は予選時のマシントラブルにより予選は最後尾でしたが総合13位
去年のリベンジを狙い頂点目指します!

先日、モテギサーキットにてドライバーのオーディションを行いました
その結果、去年の山口・大波ペアに加え、新たに連(ムラジ)、細井を追加した
4名のドライバーで今年頑張ります

明日、6月4日は公式練習日
4人でみっちり走り込み本番を迎えればと思います




細井選手は手堅く走行を重ねます(もう少しプッシュして欲しいな〜)
この経験がきっと色々な場面に生きると思います



イケていただけに残念なコースアウト
連選手は23歳と若く、プロを目指しているドライバーだけに頑張ってもらいたいです